2018年04月16日

人生のレシート

職場や学校などが変わって
 
慣れない新しい環境にストレスを感じたり

寒暖差が激しい春の気候に疲れたりして

自律神経のバランスが乱れ 体調をくずしている人が多いそうです

「春バテ」 ですって

特に女性はお気を付けくださいね


女性はいくつになっても大変なんです

どうやら卒業したらしいな

と思っても 万が一 外出先で...と不安が残り

しばらく生理用品をバッグに入れ持ち歩いていた友人がいます

ある日 バッグの中でヨレヨレになっているのに気付き

「もう 捨てましたっ!」

祝 ご卒業 でございます

別の友人は

「もうこれで安心して温泉旅行の計画たてられるわ」

と喜んでいました

卒業すると 女性は身軽になり 

すがすがしい気持ちになるものです

やっぱり 祝 ご卒業 でございます


ところで 男性は どうなんですか?

女性ほどはっきりしてないのかな

ある作家がエッセイか何かに書いてました

「ある日 コロンとパチンコ玉みたいなのが出てきて

そのパチンコ玉に “おしまい” って書いてあったらおもしろいな」

でも もし本当に “おしまい玉” が出てきたら

がっくり肩を落とすのでしょうか

この辺が女性と大きく違うところ


では、男女共通の寿命は


最近 立て続けにピンクの縁取りのあるレシートをもらいました

ピンクの縁取りは レシートのロール紙が

残り僅か もうすぐ無くなるよ という合図


これまでどんな人生を送ってきたか 

人生の節目 節目に “レシート” が出てきたら面白いかもしれない

そしてある日 ピンクの縁取りのあるレシートが出てきたら ...


身辺整理をしますか

片っ端から行きたいところへ旅行しますか

美味しいモノ いっぱい食べますか

今までやりたかったこと 全部やってみますか

あなたなら どうする?


石臼碾き手打そば 「 百日紅 」




posted by 蕎麦屋の女将 at 13:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

死者がかさなる

フキの下ごしらえをしました

IMG_1.JPG


春になると 母が 庭に自生しているフキを採ってきて

丁寧に皮をむいて 煮物をこさえてました

「こんな面倒くさいことよくやるなぁ」 と思ってました

母が亡くなって 去年も今年も 私がフキの皮をむいてます

死者が重なる という言葉を聞いたことがあります

「死者がかさなるって こういうことかな?」

毎年 フキの皮をむきながら思います

フキの煮物 上手く炊けるといいな


石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 17:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月15日

秩父のこいけ 石橋庵にて十割そばを打つ

秩父の小池さんのそば打ちを見学させていただきました

場所は 秩父市太田の 石橋庵 さん

小池さん ご到着です

IMG_1.JPG


こね鉢は 松 軽いです 


携帯用のこね鉢です

自分で彫って カシューを塗りました

漆を塗ってしまうと この木目が見えなくなってしまうので...

私は松が大好きなんです

片倉先生は 木 が大好きで 

木の話ばかりするんですよ

おかげで 私も大好きになってしまいました

今 もう一つ 彫ってる木鉢があるんです
 
  

店はたたんだけれど そば打ちを引退する気はさらさらなさそうです


IMG_2.JPG


準備完了 この日のそば粉は 赤城産常陸秋そば 1kgと 

石橋庵さんの自家栽培 自家製粉 秩父市太田のそば 1kg

IMG_3.JPG


のし棒は 秩父産の栂(つが)

今日 初めて使うんですよ  嬉しそう


真っ白な前掛けをキリリと締めて

水回しが始まりました

やがて そばのいい香りが広がってくると


いい香りがしますね

これは いい蕎麦になるんじゃないですかね


IMG_4.jpg


水回しをしている時の小池さんは

砂場でお砂遊びをしている幼児のような表情をしている

じつに楽しそう

あぁ このひとは本当にそばが好き そば打ちが好きなんだなぁ



徐々に水を入れる人と 一気に入れる人といますけどね

私は一気に入れちゃいたいなと...

徐々に入れると 芯までしみこむまでに時間が掛かるわけです

私は 一気加水がいいかなぁと思います

わりあい 柔らかめが好きなんです

ずる玉になっちゃぁよくないけど 

柔らかい方が 甘味が強く出るんですねぇ



IMG_5.JPG


ねっ 楽しそうでしょ

IMG_6.jpg


切りのスピードは決して速くはない

でも 淀みなく進む だから 結果 早く切り終わるのです

延しも均等 切り幅も均等 美しい蕎麦ができあがりました

綺麗なミルフィーユ

IMG_7.JPG


IMG_8.jpg



うっすら緑色に茹で上がった甘い蕎麦をいただきながら

そばの話は勿論のこと

思い出話に裏話 色々聞かせていただきました

真面目で 誠実で あくまでも謙虚なそば打ち 小池さん

そば打ちが集まると お酒も入っていないのに

いつまでも話が尽きない

ようやくお開きとなり 外へ出ると

秩父の夜空にオリオン座がくっきり

小三ツ星まで見えました

あぁ 楽しかった


石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 22:24| Comment(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする