2016年09月12日

はんばきぬぎ

新潟の方言で 旅を無事終えての慰労会 のことだそうです。

「 お疲れ様 」 ってね。

はんばき とは 脚絆のこと。

ほら 時代劇で旅人が脛に当てている布切れ あれです。


母は 人生という名の長いなが〜い旅を終え 

わたしは 介護という名の旅を終え 

お互いに お疲れ様

“ はんばきぬぎ ” の宵でした。


亡くなる3週間前

リオ五輪閉会式の夜 母のつぶやき


大陸の片隅で たったひとり お経をとなえてるの 淋しいねぇ

やっぱり あれかね 真言でいいのかね


さらばじゃ〜  さらばじゃ〜  って声が聞こえる

あれ 誰の声?

あっ  声がだんだん遠ざかっていく


もうすぐ死にそう まっいいか ちょうどいいや



菊の香や 主なき隙間 埋めており




posted by 蕎麦屋の女将 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする