2017年04月20日

夢 第七夜 身代わり

案内された先は 機内のキッチン ギャレーだった

狭いギャレーの中で 彼女はくるりと向きを変えると


「突然のお願いで失礼ですが 写真をとらせていただいてもいいですか?」


想定外の展開に 俺は少々戸惑った

そんなこちらの気持ちにはお構いなしに 彼女は早口で続けた


「実は先日 あるお客様に カメラが趣味です とお話したら

ならばこのカメラで 若いイケメンを撮ってごらん 良く写るよ

なぁんて冗談をおっしゃって カメラをくださったんです

懐中時計の鎖をのぞかせた 初老の紳士でした

ロマンスグレーって ああいう方のことを言うんでしょうか

あっ それでねっ 

こんな高価なもの いただけませんっ て 

一度はお断りしたんですよぉ でも 」


一体 いつ息を吸うのか 心配になるくらいの勢いで 

彼女のマシンガントークは続く


「実は私 職人さん にも興味があって

そこで 決めたんです 自分の搭乗した機に乗っていらっしゃる 

職人の方々を いただいたカメラで 写真に収めようって

お蕎麦屋さんとか パン屋さんとか 大工さんとか … 」


そこまで一気にしゃべると

ギャレーの片隅にあったバッグの中をガサゴソやり始めた

「イケメンじゃないのが残念だわ」 たぶん そう思いながら

再び俺のほうに向きなおった彼女の手には 

二眼レフカメラがのっていた


あぁっ あの時の さっき夢の中で掘り出した あのカメラだ!


出してくれ ここから出してくれ そっちの世界に戻りたい

俺の身代わりをみつけてくれ


ファインダーの中のハンチング男の声が蘇った


み・が・わ・り


「はい 撮りますよぉ」

彼女の声で 我に返った


やっ やめろ ダメだっ!


彼女の 細く白い指が 静かにシャッターを切った



石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする