2018年09月01日

あらきそば(その弐)

そば屋さんにそばを食べに来ているだけなのに

何故か緊張してます

食べきれなかったら どうしよう...

あっ! キタっ!

arakisoba008s.JPG


これは 手ごわそうな相手です

こんな顔つきをしてます

arakisoba009.JPG


これが秋田杉の柾目板か

そこに 広がる うす毛利

むかし毛利 はこの二倍はあるはず

超極太の 堂々たる 生粉打ち

二三本手繰ると 箸の先に重さを感じます

口に含む 噛む 噛む もっと噛む

口の中で 噛み砕かれたそばが 体温で温まり

穀物の味と 香りと 甘味が広がる 

ようやく 飲み込む

汁は 甘口で 江戸前の辛汁に慣れた舌には 薄い

汁をたっぷりつけて食べるそばだから


一生懸命に食べているつもりだけれど

おかしいな 少しも減ってない

向かいで食べている 百日紅(百日紅店主)も ようやく半分

さすがの早食いも 苦戦しているもよう

結局 わたしが 食べたのは 三分の二枚 といったところでしょうか

後は 百日紅に手伝ってもらいました

arakisoba010.jpg


私の正面に 池田弥三郎氏の色紙「味楽談楽」が飾られてました

「味楽」は実践 「談楽」のゆとりは なかった


茅葺き屋根 囲炉裏 自在鉤と鉄瓶 野郎畳(縁のない畳)

そして 柾目板に盛られた堂々たる超極太そば

四季折々に入れ替えられる文化人の色紙

トータルで あらきそば という店ができている と思いました

田舎そばは 田舎家に  田舎そばは 田舎の器に


四代目が打ってました。

arakisoba011.jpg


こね鉢は 塗がすっかりはげ落ち かなり年季が入っている

それもそのはず 二代目が60年前に河童橋で購入したものらしい

水回しをする 四代目の手の動きは 超高速

百日紅が 打ち場に顔を突っ込むと

四代目が 何だ このおっさん?

と 作業の手を止めて 怪訝な顔で出てきました

ちょっとお話していると

二代目又三さんの長女で 三代目の釜番 真弓さんが 

「よかったらつまんでください」と

つやつやのきゅうりの漬物をさっと出してくれました

忙しい合間に すっと

なんと勿体ない 畏れ多いことでございます

埼玉からの一見の客に わざわざ 

ちょっとしたもてなしをしてくれる

この こころ を見習いたい

arakisoba012s.JPG



異次元から現実への出口

arakisoba013.jpg


出たくない


石臼碾き手打そば 「 百日紅 」





posted by 蕎麦屋の女将 at 23:10| Comment(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする