2018年09月03日

そば屋の修学旅行 YAMAGATA 2018 おまけ

「出羽かおり」 超極太生粉打ちを 

いまだ胃の腑に抱えたまま

ハンドルを握り南下します

目指すは 蔵王高原スキー場

温泉街からさらに狭い山道を 

クネクネどこまでも登ります

落石注意 の看板を横目に

路上に転がる拳大の石ころに青ざめ

本当にこの道でいいのか?

ようやくスキー場のコース案内の標識を見つければほっとして

到着しました 今宵の宿は Forest inn SANGORO

sangoro01.JPG


いまからウン十年前 

スキーシーズンはほぼ毎年訪れた山小屋

当時は「三五郎小屋」と呼んでました

すっかりオシャレになっちゃって

ここにもまた非日常の空間が広がっていました

sangoro02.JPG


sangoro10.JPG



誰にも邪魔されず ゆったりと時を過ごす

何もしなくていい 何も考えなくていい

土と

sangoro04.jpg
 

火と 

sangoro05.jpg


風と 

sangoro03.jpg


水(?)と 

sangoro08.jpg


食う 

sangoro09.JPG


あっ違う 空(くう)

sangoro06.jpg


を感じるだけでいい


茜色に染まる夕空を見ながらの食事

窓から入るひんやりとした風が頬を撫で

冷たく泡立つ黄金色の液体が喉を流れ落ち

あぁ 至福の時

下界の猛暑が嘘のよう 

明日からまた頑張ろう などとは露ほども思わない

もう帰りたくない

百日紅よ ひとりで帰ってくれ



徐々に増えていく雲を心配しましたが

辛うじて 天体観測 できました


あれが はくちょう座の デネブ

あれが わし座の アルタイル

こっちが こと座の ベガ だな

夏の大三角形だ

そうすると 天の川は こう流れているわけだ



左手に 水割りのグラスを持った百日紅が

右手を高々と上げて 

ごちゃごちゃ説明してくれます

あたしゃ 北斗七星しか わからんのだよ

お星さまいっぱい わぁきれい


かくして そば屋の修学旅行 YAMAGATA 2018 おわりとなりました

sangoro07.jpg



石臼碾き手打そば 「 百日紅 」




posted by 蕎麦屋の女将 at 17:38| Comment(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする