2016年11月29日

華の三職

28日 川越の骨董市に行ってまいりました

歩き疲れ 川越市指定文化財となっている建物内「カフェ エレバート」にてひと休み

chocolat.jpg


やや深煎りの珈琲と 甘いガトーショコラ

そして 冷たいアイスクリームが 喉をすべり落ち

あぁ 幸せ!  と天井を見上げると  ん?

joto.jpg



土蔵造りの元田中家住宅

上棟式は 大正四年二月十五日かぁ  おっ?

大工 左官 鳶  

江戸時代には「華の三職」と呼ばれた男たちの名前が書いてあるじゃないですか

joto2.jpg


百年後 自分達が手掛けた住宅が お洒落なカフェになるとは

棟梁だって 思いも及ばなかったことでしょう

joto3.jpg


百年経っても 自分の作品が残っていて

人々の目に触れ 大切に使われている

こんな幸せなことがあるでしょうか


死ぬまでに 何でもいい

何か後世に残る 仕事をしてみたいものでございます


あぁ それにしても 

骨董市でみた 赤楽の筒茶碗

欲しかったなぁ


石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック