2017年10月19日

夢 第十夜 千ラブ 「田毎の月」

最後の田に足を踏み入れようとした時 

少女が私の腕をつかんで首を横に振った

「マタァアスゥニ」

「マタァアスゥニ」が「また明日に」に変換されるまでしばし間があった

日本語離れした発音である

「また明日に」 あした?

「いま」が永遠に続けばいい

これはこんな時に言うセリフだと思った

このままここで生きていくのも悪くない


「もう帰らなくちゃ」

野暮な竜神様の一言で 現実に引き戻された

私はココ丸と共に 湧き水の傍らに立っていた

少女は干してある土器の皿を一枚一枚指で触れて

何かを確かめていた

「さあ行くよ」

ココ丸が畳んでいた足を伸ばして離陸体制に入ると 

少女が慌てて声をかけてきた

「マティタマァエヤ」

「マティタマァエヤ」これは「待ちたまえや」だな 慣れてきたぞ

少女は干してある皿の一枚を取ると 

竹串のようなもので皿に何やら書き始めた

乾いているところは硬くて彫れないので 

まだ柔らかいところを選んで書いているようだ

急いで書いた文字が皿の左半分に無理やり詰め込まれ 

うねっている

ココ丸の鼻先で尻をつつかれた私は

渋々ココ丸の背中にまたがった

そして少女が差し出した皿を受け取った

ひらがなのようだ なんとか読める 

しかし 悔しいが理解できない


われによりおも

ひくくらむしけい

とのあはすやみ

なはふくる

はかりそ



もし和歌ならば 字配りはめちゃくちゃだ

でも少女がくれた大切な贈り物

そっと上着のポケットにしまい

彼女の瞳を真っすぐ見つめ 

出来る限り優しい声で言った

「ありがとう さようなら」


「じゃあ行くよ おじさん」

「こんな時 おじさん って呼ぶな」

「だぁって おじさんでいいよ って言ったじゃん」


私はココ丸に頼んで 棚田の上をゆっくり飛んでもらった

澄んだ空気を胸いっぱいに吸い込み

最後にもう一度少女を見ようと探したが

彼女の姿はどこにもなかった

日はすっかり暮れ 最後に一枚だけ植え残した田の水面に 

上弦の月が映っていた

そしてその月影が 隣の田へ移り そのまた隣の田へ移りしながら

飛んでいる私を追うようについてきた

少女が月影に姿を変え 私を追いかけてきたのだ きっとそうだ

田毎の月とは こういうことを言うのだなと その時わかった



石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: