2018年08月31日

あらきそば

そば屋の修学旅行 YAMAGATA 2018 も いよいよ佳境

山形そば街道十四番店 あらきそば

手打仕る あらきそば

arakisoba001.JPG


arakisoba002.JPG


そば街道の一番南にある有名店です

屋根の修繕中でした

茅葺き屋根を維持するのは大変でしょうね

茅をスパッと切った端(つま)の真新しい切り口も美しく

来客を迎えてくれます


暖簾をくぐると 囲炉裏がお出迎え

非日常の始まりです


arakisoba003.JPG


arakisoba004.JPG



小さな扇風機が回っているだけですが

室内は 涼しい

茅葺き屋根のおかげでしょうか


お品書き 

arakisoba005.JPG


うす毛利 と むかし毛利 

そう 「板そば」のみ

創業時からの伝統「にしんの味噌煮」 なんてのもありますが

とにかく 量が多いと聞いていたので

ふたりで「うす毛利」を二枚注文

隣に座ったビジネスマンの注文は 「1.5人前で」

常連さんとみた


休日ともなると他府県ナンバーの車がびっしり

満席で なかなか入れないお店だそうですが

この日は平日とあって こんな瞬間もありました

arakisoba006.JPG



先ずは汁と薬味 そして香の物が出てきました

arakisoba007.jpg


薬味は 一味唐辛子とネギだけ

いったい どんなそばが出てくるのか

そば屋を生業とする者が

他店のそばを残すなどという非礼は許されません

はたして あらきそば の うす毛利 を

百日紅の女将に食べきることはできるのでしょうか


石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 23:22| Comment(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: