2015年03月31日

一番街で昼食を

いま 一番ほしいものは?

と 聞かれたら 迷わず答えます。

「ひとりの時間」


今日は、やりくりして手に入れました。 ひとりの時間。

川越は一番街で買い物して、お食事。

ポカポカ陽気 いや 汗ばむ陽気に誘われて、

人 ひと ヒト …

どのお食事どころも 店の外までお待ちのお客様であふれてました。


そこで、ちょっと目立たない このお店へ。

陶舗やまわ の一画にある 話処 陶路子(とろっこ)

運よくちょうどあいたテーブルへ 滑り込みました。


image1.JPG



「さつまいもミニ懐石」 いもづくしメニューです。


image2.JPG



たまには、そば以外のものを食べたい。

香ばしい 「いも茶」 に始まり、

「いもうどん入りいもグラタン」

いもうどんはこんな感じ

image3.JPG


「おさつ汁」 は、さつまいもの甘味が主役でした。 みそは脇役。

さつまいもが色々なものに姿を変え、

色々なものにかくれんぼして、おばさんを楽しませてくれました。

わたし以外のお客様も、ほとんど 女性。

そして みなさん 「ミニ懐石」。

スタッフも 厨房も 大変だろうな。

つい そんなことを考えてしまう 休日の女将でした。



陶器屋さん直営のお店なので、器もおしゃれです。

このお店 6年前、朝の連続テレビ小説「つばさ」で外観が使われました。

主人公の実家 和菓子屋「甘玉堂」という設定。


image4.JPG




ひとりの時間 堪能しました。

image5.JPG



石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

見守りのお正月

間もなく90歳の誕生日を迎える母が、

2日から 「胸が痛い。」 と寝たり起きたり。

ついに来るべき時が来たか。 しかし、正月で医者は休み。

これはやっかいなことになった。

と思ったのですが … 。

食事の時間になればきっちり起きてきて、しっかり食べる。

おやつに甘いものを出せば、ぺろりと平らげる。


「じっとしてれば痛くない。」

「くしゃみをすると響いて痛い。」


どうやら暮れに家の中で二度も転んだ衝撃で、

肋骨にヒビが入ったもよう。

以前、鎖骨骨折した時も三角巾を打ち捨て、

普通に生活して治してしまったヒト。

肋骨のヒビなどほんのかすり傷。 安静にしていればそのうち治るさ。

とは思うものの、やはり気がかり。 放っておくわけにもいかず。

結局、新年最初の一週間は 「見守りのお正月」 となりました。

椅子に座っていても、コックリコックリしている時間が長く、

母の周りだけ、時が止まったようでした。


昨日あたりからだいぶ元気になったので、

「あと2週間ぐらいの辛抱だよ。」

と、冷酷な捨て台詞を残し、わたくし行ってまいりました。


img.jpg



近頃、しきりにお江戸の空気が恋しくて (^^;

そして今日は、店で真面目に仕込みの水曜日。

明日からまた営業します。

最後になりましたが、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



明日 8日(木)より営業 いたします。


石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

2.5次元のペーパークラフト

黒須和清 2.5次元のペーパークラフト展2015


image.jpg



一枚の紙をカッターで切り、切り離さず、付け加えず組み立てる。

「切り起こし」 というのだそうです。

写真の作品は 「 千手招猫観音 」。

この他にも、「 阿修羅 」 「 月光菩薩 」 等々。

一枚の紙、平面(2次元)から立体(3次元)に

抜け出す途中にあるオブジェだから 2.5次元。

どれも緻密で表情豊かで、

とても一枚の紙からできているとは思えませんでした。



2.5d.jpg



これ作れる材料をもらいました。 

明日作ります。

私につくれるかな?


bonenkai.jpg
さるすべり忘年会 のおはなしは、

また明日。


25日(木) もう一日 休業日 です。


石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする