2014年12月17日

手編みのセーター

押入れの奥からこんなものを発掘しました。


image2.jpg



ヴォーグ主催 「母と子の編み物コンクール」 で

努力賞 を獲得した作品です。 (^^;

子供が描いた 「絵」 を 「セーター」 に編込む。


image1.jpg




「ひと針ひと針こころを込めて」 ってところが

手編みのセーターの怖いところ。 

でも、これは母と子。

先生の指導を受けながら、毎日編み目を数え続けて何カ月。

いとおしい作品でございます。


百日紅店主にとって、毎朝打つ 「そば」 もいとおしいに違いない。

その いとおしい 「そば」 を ぜひ年越しの食卓へ。


 年越しそば

 一箱二人前 1300円 汁つき


ご予約は店頭にてお願いいたします。

お渡しは、31日の11時半から17時までです。


石臼碾き手打そば 「 百日紅 」





posted by 蕎麦屋の女将 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月24日

こどもの兜

端午の節句に間に合いました。

和布で作った 「こどもの兜」 です。


kabuto.jpg



石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



ラベル:こどもの兜
posted by 蕎麦屋の女将 at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月23日

後ろ姿の ...

胃カメラ飲んだ勢いで(?)ひさしぶりに東京へ出かけました。

目的は、東京都庁 南展望室 にて開催されている 「和紙人形展」。

オバマさん来日のとばっちり、手荷物検査されました。

バッグの中を警備員のおじさんに見せるだけでしたが、物々しい雰囲気。


展望室には、32人の作家さんの作品がずらり。 

写真撮影オッケーです。

外国からの観光客のみなさんが、興味深げにレンズを向けていました。


一番楽しみにしていたのは、山口県の作家さん、長沼隆代さんの作品。

長沼さんの人形のお顔は、いつもほっこりとしていて大好きなんです。


「源氏物語第51帖 浮舟(うきふね)」 

image1.jpg



「源氏物語第8帖 花宴(はなのえん)」  朧月夜(おぼろづきよの君)

image2.jpg



とはいえ、プロの作品を生で見るのはこれが初めて。

何って、後ろ姿が見えるのがいい!

テキストをみても、人形を前から撮影した写真ばかり。

でも作る私としては、後ろはどうなっているのか、見たい。

見ることができましたよ、今回は。


image3.jpg



image4.jpg



image5.jpg



はるばる東京都庁まで行った甲斐がありました。 でも 疲れた。



明日 4月24日(木) もう一日 休業日 とさせていただきます。

石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする