2015年08月11日

阿里山カフェ

昨日の昼食は、以前から興味のあった

高麗本郷にあるオーガニック食品のお店  「 阿里山カフェ 」


店主は、「 お豆と季節野菜のカレー 」 と 「 本日のスープ 」

私は、夏メニューの「 発芽雑穀パン de サラダ 」 


image1.jpg


 

本日のスープは、モロヘイヤと豆乳の冷製スープ

ヌメッとしていて、薄味で、喉をすべり落ちていくと

いかにも体の中が浄化される感じです。


カリッと焼きあがった雑穀パンは、歯ごたえ充分。

有機農法で育てられた たっぷりの野菜に

シーザーサラダドレッシングが添えてありました。


「お豆のカレー」に入っていたのは、大豆ミート。

カレーにのってたピーマンは、ヘタもワタもついたままでした。

いままで捨ててたヘタとワタ、栄養が詰まっているんですってね。

ワタは残してもヘタは捨ててたわたしですが、

ヘタまで残している ということは、

提供する野菜に絶対の自信をもっている からでしょうね。


赤・黄・緑 の色彩が食欲を刺激し、

時々ブラックペパーが舌を刺激し、

咀嚼運動が脳を刺激し … 。


動物を食べなくても、こんなに満足できるんですね。

植物の命 を パワー を 存分にいただきました。

にわかベジタリアンふたり すっかり満腹のランチでした。

お腹いっぱいなのに、体が重くない。


お店の入口に 野菜コーナー がありまして、

モロヘイヤの隣に 「丸ナス」 をみつけました。

地元の有機農家さんのでしょうか?

夕食にオリーブオイルで炒めて美味しくいただきました。


image2.jpg




さあ、明日は 仕込み の水曜日です。

13日(木)から 営業 します。

皆様のご来店をお待ちしております。



石臼碾き手打そば 「 百日紅 」




posted by 蕎麦屋の女将 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

そこのストーブ屋さん

天気予報では、暖かくなるはずだった土曜日。

寒々とした一日でした。 「温かい汁のそば」 のご注文が多かったです。

近くのストーブ屋さんからの帰り道、

当店に寄ってくださるお客様が増えるのも この季節ならではのこと。


本日のお客様

「いま、そこのストーブ屋さんで薪を割ってきたの。」


image.jpg


おぉ〜っ! ご自宅には、本格的な薪ストーブがあるに違いない。

羨ましいかぎりでございます。


そこのストーブ屋さん

一昨年、このブログでもご紹介した 薪ストーブのウェックさん です。

展示場で見た 小さな赤いストーブ を思い出します。

赤々と燃える炎がゆれて、あなたの影もゆれて、

手にはグラスがあれば なおよろし。


そこのストーブ屋さん に御用のない方も どうぞお昼は当店で。



石臼碾き手打そば 「 百日紅 」




posted by 蕎麦屋の女将 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

もみじブレンド

momiji.jpg
季節限定 秋のブレンド その名も “もみじブレンド”

今日は、 さるすべり な週末の月曜日。

帰り道、いつものように 珈琲ジュリアン さん で

美味しいコーヒータイム。

“もみじブレンド” すっきりした後味のブレンドです。

お店のコーヒーマスターの言うとおり 「重くない」。

気に入ったので さっそく購入。

明日、休日の朝は “もみじブレンド”


上手いこと名前つけますねぇ。

“もみじせいろ” なんて いいかもね。


商品は「名前」が大切です。

「名前」の良し悪しが、商品の売れ行きを左右すると言っても過言ではない。 

そして、その商品が広く世の中に普及すると、

商標登録済の商品名が 普通名詞となってしまう。

たとえば身近なところでは、 タッパー ・ バンドエイド など。

そういえば、ロシア人が荷造りテープのことを「スコッチ」とよんでました。


いつの日か、「百日紅」と検索すると、


サルスベリ(百日紅=ヒャクジツコウ、Lagerstroemia indica)は、ミソハギ科の落葉中高木。

また、こだわりを持った 手打ち蕎麦屋 を総称して「百日紅」と呼ぶ。



なぁんて、出てきたりして。

こんな冗談言うのは10年早いむかっ(怒り) と叱られそうなので、

このへんで おやすみなさい。


石臼碾き手打ち蕎麦 「 百日紅 」




posted by 蕎麦屋の女将 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ご近所さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする