2017年04月26日

夢 第八夜 古本屋

古いインクと紙の匂いが カビ臭い空気と混ざりあって

狭く薄暗い店内に満ちていた

客の視線は もうかれこれ一時間近く 一冊の本にそそがれている

古本屋の店主は 膝の上で 何やらいじっているが

時折 作業の手を止めて 眼鏡越しに 客の様子を伺っている

ひょろりと背が高く 痩せたその客は 

ハンチング帽を被っているので 頭髪からは判断できないが

足腰はしっかりしているものの

頬 喉元 手の甲などの肌からみると 八十歳近い老人だ


店主は ポケットから懐中時計を取り出すと チラッと文字盤を確かめ

「お気に召しましたかな?」と 声をかけた

客は その声にようやく顔をあげた

「やっ これは失敬 ずいぶん長いこと 立ち読みをしていたようだ

すっかり夢中になってしまって

あの これは この本は … 」

「えぇ それはあなたの本です

いくら読んでいただいても かまいませんよ」

店主は椅子から立ち上がると ゆっくり客に近づきながら尋ねた

「どこまで読みましたか?」

「この店に入ってきたところまで」

「なるほど では 続きは 明日にしましょう」

そういうと 右手を客の手元に差し出した

少し残念そうな表情で本を閉じると 客は素直に応じた

店主はそれを受け取ると 先ほどまで座っていた椅子にもどりながら

客に背をむけたまま

「向こう側にいれば 永遠に二十歳の青年でいられたのに」 ポツリと呟いた

「いやぁ 疲れました もう十分です

どうやら 私に残されたページは あとわずか

これで楽になれる ようやく楽になれる

そう思うと いま 心はとても安らかなのですよ

ただ 一つだけ気がかりなのは … 」

席に戻った店主は 次の言葉を促すように 客を見た

「私の身代わりとして 犠牲にしてしまった 若者のことです」

「あぁ あの蕎麦屋ですか 彼ならいま 鏡の中

毎日 大好きな蕎麦を打って 結構楽しく生きてるようですよ」

「鏡の中 の蕎麦屋 ですか」


その時 客は 店主の後ろの壁にかかった 写真に気がついた

四つ切サイズの モノクロ写真で 二十代から三十代の若者が 数十人写っている

前列中央には 若かりし頃の自分が 

右手の拳を振り上げて 大きな口を開けて何やら元気に叫んでいる

その隣には 彼よりだいぶ背の低い 顔の造作が下半分に集まって

まるで福助人形のような顔をした男が

目と口元に 不気味な笑みを浮かべ こちらを見つめている

白い和帽子を被り エプロンを着けているところをみると こいつが

身代わりになって 鏡の中に入り込んでしまった 蕎麦屋らしい


「明日 また いらっしゃい」

名残惜しそうに店を出ていく客の背中を見送り

自慢のグレイヘアを手ぐしでかきあげると

店主は 再び 手元の二眼レフカメラのレンズを磨き始めた



石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

夢 第七夜 身代わり

案内された先は 機内のキッチン ギャレーだった

狭いギャレーの中で 彼女はくるりと向きを変えると


「突然のお願いで失礼ですが 写真をとらせていただいてもいいですか?」


想定外の展開に 俺は少々戸惑った

そんなこちらの気持ちにはお構いなしに 彼女は早口で続けた


「実は先日 あるお客様に カメラが趣味です とお話したら

ならばこのカメラで 若いイケメンを撮ってごらん 良く写るよ

なぁんて冗談をおっしゃって カメラをくださったんです

懐中時計の鎖をのぞかせた 初老の紳士でした

ロマンスグレーって ああいう方のことを言うんでしょうか

あっ それでねっ 

こんな高価なもの いただけませんっ て 

一度はお断りしたんですよぉ でも 」


一体 いつ息を吸うのか 心配になるくらいの勢いで 

彼女のマシンガントークは続く


「実は私 職人さん にも興味があって

そこで 決めたんです 自分の搭乗した機に乗っていらっしゃる 

職人の方々を いただいたカメラで 写真に収めようって

お蕎麦屋さんとか パン屋さんとか 大工さんとか … 」


そこまで一気にしゃべると

ギャレーの片隅にあったバッグの中をガサゴソやり始めた

「イケメンじゃないのが残念だわ」 たぶん そう思いながら

再び俺のほうに向きなおった彼女の手には 

二眼レフカメラがのっていた


あぁっ あの時の さっき夢の中で掘り出した あのカメラだ!


出してくれ ここから出してくれ そっちの世界に戻りたい

俺の身代わりをみつけてくれ


ファインダーの中のハンチング男の声が蘇った


み・が・わ・り


「はい 撮りますよぉ」

彼女の声で 我に返った


やっ やめろ ダメだっ!


彼女の 細く白い指が 静かにシャッターを切った



石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

夢 第六夜 高度1万メートル

「お客様の中に お蕎麦屋さんは いらっしゃいませんか?」

機内にアナウンスが流れ 俺は夢から醒めた

隣の席に座った若い男が かったるそうに腰を浮かし 中腰のまま

通りかかったキャビンアテンダントに尋ねた

「いまのアナウンス なんて言ったの?」

「はい お客様の中に お蕎麦屋さんは いらっしゃいませんか? と」

「お医者様 じゃないの?」

「いいえ お蕎麦屋さん です」

ホッとしたような がっかりしたような 中途半端な表情を浮かべ

男は再び腰を下ろした

生意気な顔をした 医者のタマゴめ

実は 密かにこんな場面にあこがれていたに違いない


俺は迷っていた 名乗り出ようか 知らぬ顔で通そうか … 

高度1万メートルで 蕎麦屋に何の用があるというのだろう

まさか 機内で蕎麦を打て とは言うまい

下手に名乗り出て 妙なトラブルに巻き込まれるのはごめんだ

好奇心と不安を天秤にかけ 好奇心が勝った

CAに案内されるままについていった先は …


石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする