2018年07月24日

女将 猛暑に狂う

連日 猛暑が続いておりますが 皆様いかがお過ごしでしょうか

店主は毎日 文字通り 命がけで蕎麦を茹でております


寝苦しい夜 どうしても眠りが浅くなり 明け方に夢を見るのです

今朝の夢は 歩けるのに車いすに座ってエレベーターに乗っている夢

エレベーターは上昇していました


自分が車椅子に乗っている夢は、何らかの理由で自信を失い、

やる気や気力も大きく削がれてしまっている事を意味します。


そこまで深刻な精神状態ではないのですが。。。



自分に対する自信の無さ、無力感が高じて

ネガティブな願望が強くなってしまった可能性があります。


へえぇ〜 そうかな?

エレベーターから降りるときは

自分の足で歩いて降りたんですけどね


自分の足で歩けるのに車椅子に乗っている夢は、

あなたの中にある「楽して生きたい」「自分の力で歩きたくない」

というネガティブな願望が強くなっている可能性を意味します。


これは図星です デヘヘ


また、車椅子の夢には、心身に疲れが溜まっている暗示もあります。

とりあえずは休養を取り、ゆっくり心身を癒す事が先決です。

疲れが取れて落ち着いてくれば、気持ちも晴れていくでしょう。


はい 休養なら喜んでとりますよン



エレベーターの夢は 

基本的に上に向かっているのなら運気の上昇を暗示しています。


おぉ そ〜か そ〜か これは素直に信じておきましょう 


ところで 目を閉じてもなかなか寝付けない時

暗いスクリーンに何か見えませんか?


nettaiya.jpg


私のスクリーンには 画面いっぱいに

赤や黄色や緑や青の 小さな光の粒 が見えるんです

そして 画面の右斜め下で (いつも決まって右斜め下)

小さな小さな 金色の粒 が 

高速で星の形を一筆書きしているのです

その高速一筆書きを 直視したいのですが

目を閉じたまま視線を右斜め下に移すと

金色ビーズは更に右斜め下に逃げてしまうのです

どうしても直視できない

高速金色ビーズはシャイなのか

それとも 何かの暗示なのか


もうひとつ 最近気になるのが 

これは日中に起こるのですが

私のすぐ脇をクルマがさっと通り過ぎるような 音 と

耳だけに感じる風圧 一瞬の閉そく感

2〜3日に一度の割合で発生します

暑さのせい? 病院行ったほうがいいかな ?

水分が不足してるだけかな?


皆様もどうかご自愛くださいませ



石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 17:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

とろ〜りぶっかけ

夏季限定メニューのご案内です

とろ〜りぶっかけ

長いも オクラ なめこ

消化促進や疲労回復など

様々な効能があるネバネバ野菜を食べて

暑い夏を乗り切りましょう

甘く炊いたお揚げもそえました

torori.JPG



6月の営業予定です
6月営業日.gif

石臼碾き手打そば 「 百日紅 」



posted by 蕎麦屋の女将 at 21:31| Comment(0) | 蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

手打ちうどん「ごん兵衛」

GWも終わり 仕込みの火曜日 お昼はご近所の

手打ちうどん「ごん兵衛」さん

狭い店内は満席 カウンターに座る

頭の上では テレビが セクハラ町長の話題で盛り上がっている

やれやれ

人気の肉汁うどんを注文

ほどなくしてロードバイクの三名様が席を立ち

「ここの席空きましたよぉ!」とわざわざ声をかけてくれた

ご親切にどうも

常連さんらしきご婦人は 食べ終えると

盆を自分でかたづけて帰っていった

店の女主人は 入口まで出て行ってお見送り

何だかあったかいお店だなぁ


うどんに使う小麦粉は「農林61号」という中力粉100%


延すとき硬くて苦労するけど

水は少なめの方が美味しいからね

柔らかくすると楽だけど 切る時包丁にくっついちゃって…


ある時お客さんが

「もっと柔らかくていいよ。

こんなに硬くちゃ 身体こわしちゃうよ。」

二度目に来た時も同じことを言う

なんでそんなこと言うの? と聞いたら

「俺 昔うどん屋やってたんだよ。」


人気の肉汁うどん 600円

gonbei.jpg


nikujiru.jpg


地粉の色というのかな 灰色がかった太いうどん

こしがあって 歯ごたえ十分 

汁は具だくさんでタケノコが入って あぁ季節感

これで600円は安すぎます

玉子焼きも甘くて美味しい


前は550円でやってたんだけど お客さんが

安すぎるよ これじゃ大変だろ 600円にしな と言って

お品書きの木札を持って帰って勝手に料金を書き換えちゃった


改めて見ると 確かに他の文字とはフォントが違う

フォントだ あ いや ホントだ


お金はないけど 人には恵まれてきたと思う


おかあさんのお人柄ですよ


ああした方がいい こうした方がいい って

お客さんに色々教えてもらって ここまで来たんだねぇ


謙虚な方だけど こだわりは言葉の端々に感じます

59歳で始めて 今年で17年

ひとりで切り盛りしてきたおかあさん すごい!

転んで小指を骨折して二か月休んだこともあるそうな


もう歳だから辞めたいんだけど お医者さんに

「店やめたら 認知症一直線だぞ!」って脅かされて

何にも知らないで始めたの

知らないからできたのかもしれない

うどん屋をやりたいんだけど って言ってうちの店に来るお客さんが結構いる

以前も 年配のご夫婦が来て

「うどん屋を始めたくて あちこち食べ歩いている。

ここの汁が一番気に入ったから 是非作り方を教えてほしい」って

教えてほしいと言われても 私もうどん屋始めるときに

慌てて本屋行って 本買ってきて それ見て作ったんだから(笑)


店の名前「ごん兵衛」の由来は?


野々宮神社の宮司さんが いっぱい名前を書いてきてくれたの

でも どれにしていいかわからなくて そしたら

「それじゃ ごんべが種まきゃカラスがほじくる で覚えやすいから

ごん兵衛 にしろ」


いえいえ おかあさんが蒔いた種は 

沢山の優しいお客さんとなって芽を出し

あったかいお店を育ててますよ

これから暑い夏 お互いに頑張りましょうね!


手打ちうどん ごん兵衛

埼玉県日高市南平沢408

0429-89-2442

定休日 水曜日・木曜日



posted by 蕎麦屋の女将 at 18:44| Comment(0) | ご近所さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする